忍者ブログ
HOME Admin Write

社民党長崎総支部

社民党長崎総支部のブログです。 管理人は、長崎総支部常任幹事の森幸太郎です。 不適切なコメントには、管理人の判断で「通告」「削除」などの対処をしますので、ご了解ください。 党員以外の方からのコメントも歓迎します。 お友達にもこのブログをお知らせください。 カウンターは、画面左下にあります。 社民党長崎総支部 電話095-822-6847 FAX095-822-7074

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

全国幹事長会議で方針決定
「党再建計画」を実践し、統一自治体選の勝利へ。

社民党は14日、東京・社会文化会館で全国幹事長会議を開き、昨年の参院選敗北を受けて策定され、昨年9月末来党内論議に付されてきた「党再建計画」方針の最終案について質疑・答弁の上、可決、決定。方針実践の第一歩として4月統一自治体選に勝利することを誓い合った。

全国幹事長会議

 会議冒頭、あいさつに立った福島みずほ党首は「社民党の出番だという政治状況を共につくっていこう」と訴えた。

 福島党首はこの間の政治情勢について、法人税率引き下げ・消費税率引き上げを掲げ、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)参加に前のめりになる菅政権の姿勢は新自由主義的方向に傾斜しているとして、「だからこそ社民党の出番だ。ここで社民党が政策的には第3極として社会民主主義的政策や平和の問題について頑張らなければ政治の中に対立軸はない」と述べ、社民党は政権交代の初心である国民の生活再建の立場に立つと宣言。

予算案6つの問題点を指摘

社民・民主両党協議で 社民党の又市征治副党首と阿部知子政審会長は14日、国会内で民主党の玄葉光一郎政調会長(国家戦略相)、城島光力同代理と会い、政府予算案と予算関連法案の問題点を指摘した。

 党の修正要求は①法人税率引き下げを行なわない②消費税率引き上げを行なわない③成年扶養控除を縮減・廃止しない④子ども手当上積みを見直す⑤普天間基地移設関連経費を計上しない⑥国民健康保険の国庫負担を増額する――の6点。

10割補償、激甚災害指定など要請

10割補償、激甚災害指定など要請

鳥インフル、新燃岳噴火対策で 社民党の福島みずほと吉泉秀男農水部会長は15日、農林水産省に筒井信隆農水副大臣を訪ね、高病原性鳥インフルエンザ対策と新燃岳火山災害対策に関する要請書を手渡した。

 鳥インフルに関しては、現在評価額の8割補償となっている擬似患畜とされた家畜について家畜伝染病法を改正して10割補償・遡及(そきゅう)適用とする  ことなどを求めた。

普天間基地の危険除去早く

安里宜野湾市長が党に要請

安里宜野湾市長が党に要請 昨年11月の沖縄県宜野湾市長選で初当選した安里猛市長が2月17日、党全国連合を訪れ、重野幹事長、照屋寛徳国対委員長、山内徳信国民運動局長らと会談した。安里市長は、中でも特にMV22オスプレイの配備計画に関して「これ以上、市民を危険にさらすわけにはいかない」と強調、「普天間の運用実態の改善、市民に与えている騒音被害を改善させながら、普天間返還のバネにしていく」と訴えた。

成年扶養控除見直しは実態無視

中島隆利税制改正関連2法案で中島隆利議員 社民党の中島隆利衆院議員は15日の本会議で、所得税法改正案など税制(国税)改正関連2法案に対して代表質問。

 子ども手当増額財源として成年扶養控除を縮減・廃止することについては「子ども手当の支給と無関係な層からの増税は財源あさりの指摘を受けても仕方ない」と批判し、「根拠として(成年は基本的に)『独立して生計を立てるべき』とか『働くことが前提』と言われている。しかし、そもそも働きたくても働けない方々が扶養されてきたのではないか」と疑念を示した。併せて、控除縮減・廃止に伴う社会保険料負担増など家計に及ぼす影響への対応をただした。

 

 

政府の責任で雇用確保に努めよ

独立行政・公益法人見直しで中島議員 社民党の中島衆院議員は10日の予算委員会で、独立行政法人や政府関係公益法人の見直しに伴う職員の雇用問題について質問。昨年12月閣議決定の「独立行政法人の事務事業見直しの基本方針」では雇用問題について「配慮する」とされたことについて「政府の責任で職員の雇用確保に努力するものと受け止めてよいか」とただし、蓮舫行政刷新相から「最終的に政府の責任で慎重に配慮する」との答弁を引き出した。

「方便」発言で根拠や正当性失う

照屋寛徳議員辺野古移設問題で照屋寛徳議員 社民党の照屋寛徳衆院議員は16日の予算委員会で、鳩山前首相の海兵隊抑止力「方便」発言について「菅総理が主張する(辺野古移設の)日米合意踏襲はこれで根拠や正当性を失った」と追及。菅首相は「沖縄の海兵隊を含む在日米軍の存在は日本の安全にとってもアジア太平洋の安定にとっても必要との認識の下で、その合意を踏まえて対応していくことに変わりはない」と突っぱねた。照屋議員は「(福島党首は)鳩山前総理の方便で(閣僚を)罷免となったことが明らかになった」と食い下がり、前首相の参考人招致を要求した。

 

 

補償を評価額の8割から10割に

吉泉秀男議員が家畜伝染病予防法改正迫る 社民党の吉泉秀男衆院議員は17日の予算委員会で、高病原性鳥インフルエンザ対策について質問。疑似患畜とされた家畜の殺処分に対する補償額を家畜評価額の8割から全額10割に引き上げる家畜伝染病予防法改正の早期実現を要望した。

(社会新報2月23日号より)

PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[11/25 小一]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
常任幹事 コウタロウ
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

忍者アド

忍者アド

Copyright ©  -- 社民党長崎総支部 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]