忍者ブログ
HOME Admin Write

社民党長崎総支部

社民党長崎総支部のブログです。 管理人は、長崎総支部常任幹事の森幸太郎です。 不適切なコメントには、管理人の判断で「通告」「削除」などの対処をしますので、ご了解ください。 党員以外の方からのコメントも歓迎します。 お友達にもこのブログをお知らせください。 カウンターは、画面左下にあります。 社民党長崎総支部 電話095-822-6847 FAX095-822-7074

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

税制改正、赤字国債法などに反対

社民党が予算案・関連法案への態度決定

 社民党は2月22日、両院議員懇談会を開き、政府予算案には反対するとの方針を確認。予算関連法案については、国民生活や景気への影響などを考慮し地方交付税法改正案などには賛成するが、現段階では所得税法改正案、地方税法改正案、赤字国債発行のための公債特例法改正案などには反対せざるを得ないとした。

 態度決定の理由に関しては、①菅政権は新自由主義への回帰傾向を強めており党の6項目の予算修正要求にも真摯(しんし)にこたえる姿勢を見せていない②民主党は内部の対立と混乱で政権党としての体をなしておらず菅内閣は国民の支持を失っている  ことを指摘。3党合意の実現という社民党の判断基準に照らし、こうした政権の姿勢を認めることはできないとした。

中電の本社と東京支社に急行し抗議

上関原発関連工事

上関原発関連工事で 中国電力が2月21日未明、山口県上関町で中断していた原発建設工事を再開したことを受け、社民党の福島みずほ党首は同日、同東京支社に急行。市民団体メンバーらと共に工事中止を求める申し入れを行なった。

 福島党首は同24日、広島市の中電本社を訪れ、工事再開に抗議し、原発建設計画の凍結を申し入れた。党中国ブロック協議会の金子哲夫議長らが同席。中電側からは和森康修上関立地PT総括部長らが応対した。

高江のヘリパッド工事強行許せない

高江のヘリパッド工事強行許せない

 沖縄県東村高江のヘリパッド(離着陸帯)建設工事強行を受け、WWFジャパンとJUCONは2月23日、参院議員会館で「生物多様性を破壊し、住民の暮らしを脅かす沖縄県東村高江の米軍ヘリパッド建設を中止させよう!」院内集会を開いた。福島党首、重野安正幹事長、照屋寛徳国対委員長らが駆けつけた。照屋国対委員長は「単なる自然破壊ではない。高江の住民、ウチナーンチュ(沖縄人)を破壊する蛮行だ」と訴えた。

つぎはぎだらけで不安と不信も

阿部知子子ども手当支給法案で阿部知子議員 社民党の阿部知子衆院議員(党政審会長)は2月24日の本会議で、子ども手当支給法案に対して代表質問。法案が2年続けて単年度立法になったことについて「つぎはぎだらけで来年はどうなるか分からないことに国民は不安、地方自治体は不信を抱いている」と述べ、①民主党マニフェストの月2・6万円満額支給は当面不可能であることを認めた上で、月1・3万円は11年度以降も全額国庫負担で給付することを明言すべき②2・6万円給付が無理なら、(子ども手当創設の見合い財源とされた)12年6月からの住民税の年少扶養控除廃止は凍結すべきではないか――と指摘した。

今国会で企業・団体献金禁止を

服部良一「政治とカネ」集中審議で服部良一議員 衆院予算委員会は2月21日、政治とカネに関して集中審議を行なった。社民党の服部良一議員は「今こそ与野党一致して今国会で企業・団体献金全面禁止を立法化する絶好のチャンス」と菅直人首相に迫った。

 これに対し菅首相は「政治とカネについてはこの2011年をもってほぼやるべきことはやったと言えるように全力を挙げていきたい」と答弁。服部議員が重ねて決断を促すと、首相は「この国会での実現を目指して徹底的に踏み込んでやってまいりたい」とした。

 民主党の小沢一郎元代表が国会での説明を行なわないまま強制起訴されたことに関連して服部議員は、政治倫理問題の政争化と裏返しの政策論議の空洞化を共に避けるべきだとして、「政倫審を常任委員会にして原則公開にし、国民への説明責任を果たす観点で機能を強化すべき」と提言。首相は「政治倫理審査会が有効に機能するように議論をしていきたい」と答えた。

ハローワークの正規職員増やせ

中島隆利国の労働行政で中島隆利議員 衆院予算委員会は2月23日、菅内閣の政治姿勢をテーマに集中審議を行なった。社民党の中島隆利議員は、党雇用対策本部の取り組みの一環として同21日に地元で実施した熊本ハローワークの視察を踏まえ、国の労働行政の体制強化を要望。同ハローワークの職員の7割以上が非正規職員という実態に触れ、「労働行政を本気で国が責任を持ってやるのであれば、正規職員を雇用すべきだ」と指摘した。

 中島議員はまた、国の川辺川ダム(熊本県)建設事業中止に伴う五木村の「生活再建補償法案」の早期提出、(社会資本整備総合支援金の適用拡大など)県営荒瀬ダム本体撤去費用に関する国の支援を求めた。

早期化・長期化など負担が増大

就活の抱える問題に関する院内集会

就活の抱える問題に関する院内集会 就職内定率の悪化や就職活動(就活)の長期化など、現在社会問題となっている学生新卒者の就職活動について、「就活デモ実行委員会」は2月22日、参院議員会館で「就活の抱える問題に関する院内集会」を開き、100人以上が参加した。社民党の福島みずほ党首、吉泉秀男労働担当常任幹事、吉田忠智女性青年担当常幹が駆けつけた。

若者の雇用で商工会議所と意見交換

党雇用対策本部 党雇用対策本部の福島みずほ本部長らは2月24日、中小企業団体の日本商工会議所を訪れ、中村利雄専務理事、宮城勉常務理事、池田朝彦労働委員会協同委員長と、若者の雇用問題について意見交換を行なった。

「サンケン電気」は団交に応じよ

「サンケン電気」は断行に応じよ

工場閉鎖の撤回求め抗議行動 半導体メーカーの「石川サンケン」(石川県)が昨年2月23日に同社門前工場を今年3月末で閉鎖すると提案した問題で、同工場で働く全国一般石川地方労組門前サンケン支部の組合員は2月18日、親会社の「サンケン電気」(埼玉県新座市)に対し、団体交渉に応じるよう求める抗議行動を行なった。社民党の吉泉労働担当常幹(党雇用対策本部事務局次長)や全国ユニオンなどの労組員も応援に加わった。

(社会新報3月2日号より)

PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[11/25 小一]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
常任幹事 コウタロウ
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

忍者アド

忍者アド

Copyright ©  -- 社民党長崎総支部 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]