忍者ブログ
HOME Admin Write

社民党長崎総支部

社民党長崎総支部のブログです。 管理人は、長崎総支部常任幹事の森幸太郎です。 不適切なコメントには、管理人の判断で「通告」「削除」などの対処をしますので、ご了解ください。 党員以外の方からのコメントも歓迎します。 お友達にもこのブログをお知らせください。 カウンターは、画面左下にあります。 社民党長崎総支部 電話095-822-6847 FAX095-822-7074

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

派遣法改正の今国会実現を 議会前で訴え

派遣法改正の今国会実現を

 先の通常国会で継続審議となった労働者派遣法改正案について、「労働者派遣法の抜本改正をめざす共同行動」は10月25日、衆院議員会館前で集会を開き、160人以上が参加した。社民党の福島みずほ党首、吉田忠智参院議員が駆けつけた。

 福島党首は「完璧な改正案ではない」と指摘した上で、「小泉構造改革で規制緩和され続けてきた派遣法を何としても規制していきたい」と今臨時国会で改正を実現する意義を強調した。

 また同日、福島党首は、連合が衆院議員会館で開いた「派遣法改正実現集会」にも駆けつけ、「最優先課題として派遣法改正をやらないといけない」と訴えた。

派遣、郵政成立を TPP反対も一致

派遣、郵政成立を TPP反対も一致

■社民・国民新両党首 社民党の福島みずほ党首と重野安正幹事長は10月28日、国民新党の亀井静香代表と下地幹郎幹事長、新党日本の田中康夫代表と国会内で会談。労働者派遣法改正案と郵政改革関連法案の今国会での成立、昨年9月の連立政権樹立時の33項目合意に合致する法案への協力、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への参加に反対していくことで合意した。

「ぶれない」伊波さん勝利で 辺野古への移設とどめを

東京で熱気の激励集会
(写真)会場にぎっしり詰めかけた支援者らを前に伊波さんが決意表明

東京で熱気の激励集会 11日告示・28日投票の沖縄県知事選予定候補者で前宜野湾市長の伊波洋一さん(58)=社民、共産、社会大衆推薦=を激励する「県内移設がってぃんならん(許せない)大集会」が10月22日、都内で開かれた。会場は、「ぶれない」伊波さんの勝利で米軍普天間基地の名護市辺野古への移設計画にとどめを刺そうという約500人の参加者の熱気に包まれた。集会呼びかけは沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック。

 伊波さんは「今回の知事選は沖縄県民にとって、65年に及ぶ基地負担の重圧、そして、復帰後28年たってもなお新たな基地を造ろうとする日米両政府の沖縄県民無視に対して、沖縄県民としてのしっかりした意思を示す場とすべきであり、まさに基地に対する県民投票だ」とキッパリ宣言した。

「埋立て許さぬ」現地に結集

原発いらん!in上関集会

佐々木明美■原発いらん!in上関集会 上関原発建設のための海面埋め立て工事着工を狙う中国電力と反対する祝島漁民とのにらみ合いが続く中、10月24日、山口県上関町で「原発いらん!in上関集会」が開かれ、約1000人が参加した。風雨のため集会場を屋内に移したものの、その後は予定通り室津港周辺デモを敢行した。

 自然を守る会の高島美登里さんは「上関はCOP10(生物多様性条約締約国会議)のモデルとなる日本が誇る一番の所」と訴えた。

 社民党県連合の佐々木明美代表(県議)も連帯アピール。「新成長戦略の中に原発を位置づけている。こんな時代遅れの政策はない」と政府の姿勢を批判した。

飯田哲也飯田哲也さん 原発新規建設はもう「時代遅れ」 集会では環境エネルギー政策研究所の飯田哲也さんが講演し、「国と電力会社のごり押しで造らせるのか、それともひっくり返すのか、日本のエネルギー政策を変えるのかどうかのまさに分岐点になる」と上関原発建設をやめさせることの意義を訴えた。

税による所得再分配機能高めよ

福島みずほ■参院予算委集中審議で福島党首 社民党の福島みずほ党首は10月25日の参院予算委員会集中審議で「税による所得再分配機能を高めるべき」と強調。その上で、政府が成長戦略の柱に据える法人税率引き下げについて「所得再分配機能強化ということであれば、法人税を下げるのではない選択肢が必要」と主張し、法人減税の穴埋めとしての消費税率引き上げを強くけん制した。

 福島党首は、今の企業の(財務諸表をきれいにする)経営態度を見ると企業は法人税率が下がっても200兆円に上るとされる内部留保を増やすだけで、労働分配率の向上や雇用の拡大にはつながらないと指摘。これに対し菅直人首相は、実態論とは別に減税の「メッセージ性」が大事だとして「効果がないというのは見解の相違」と述べるにとどまった。野田佳彦財務相は「下げたって借金を返したり内部留保を増やすというデータもある」と認め、「効果があるのかどうかも税制改正の中で議論する」と自信なさげに答弁した。

TPP交渉に関し隠し事するな

TPP交渉に関し隠し事するな■衆院農水委で吉泉秀男議員 社民党の吉泉秀男衆院議員は10月26日の農水委員会で、政府が横浜で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会談で環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉への参加表明を検討していることに対する関係閣僚の答弁がバラバラな現状を前にして、「怒りが頂点に達しているという心境」と発言。隠しだてをせず、今後の方向性に関する考え方を示せと鹿野道彦農水相に迫った。

 鹿野農水相は「正直なところ私自身、相当発言を制約しているところがある」と性急な農産物自由化の動きに対する疑念をにじませ、「食料安定供給、(農業の)多面的機能を維持していくこと等は決して忘れてはならない重要なテーマ」と述べた。

献金受け入れは企業寄り政治への道開く

■会見で福島党首 民主党が10月26日、自粛していた企業・団体献金の受け入れ再開を表明したことに対し、社民党の福島みずほ党首は翌27日の記者会見で「政治とおカネの問題を断ち切っていくことに真逆の方向」と批判した。

 福島党首は、今回の民主党の決定は菅首相(同党代表)が国会答弁で企業・団体献金禁止の方向性を打ち出してきたことと矛盾すると指摘した上で「国民の生活が第一と言っていたのが、企業が大事というふうに軸足が移っているのではないか」と疑問を呈し、同党の政治姿勢の変質につながる問題との認識を示した。

郵政非正規社員の正社員化の推進を

郵政非正規社員の正社員化の推進を
(写真)斉藤社長(右)に申し入れる又市副党首、重野幹事長、中島副幹事長

■担当相ら申し入れ 社民党の又市征治副党首、重野安正幹事長、中島隆利副幹事長らは10月27日、金融庁に自見庄三郎・郵政改革担当相を訪ね、「郵政非正規社員の正社員化の進め方についての申し入れ」を手渡した。重野幹事長は、日本郵政グループが雇用する21万人の非正規社員に関して、正社員への登用審査の1次合格者数が1・3万人にとどまったことは遺憾だとして、亀井静香前担当相が打ち出した「10万人正職員化」方針を着実に実施するよう求めた。

 また同日、日本郵政株式会社の齋藤次郎社長にも同趣旨の要請を行なった。齋藤社長は「半分が非正規なのは企業経営としても具合が悪いという思いは全く同じ」だと述べ、引き続き登用数の増加に努めたいとした。

 要請内容は、①正社員化は雇用・労働条件の改善を基本とする②正社員を希望する社員全員を原則無条件で登用する③希望しない非正規社員の均等待遇を図る――ことなどを求めるもの。

特措法の検証から道連法改正へ

特措法の検証から道連法改正へ■全自交労連 第66回定期大会 全自交労連(全国自動車交通労働組合連合会・坂元幸一委員長、約3・6万人)は10月21、22の両日、神戸市で第66回定期大会を開き、①昨年10月施行の「タクシー適正化・活性化特別措置法」を生かしハイタクで生計を立てられる適正賃金・労働条件への到達②道路運送法を抜本的に見直し免許更新制や公定価格制導入など新たな法的規制を講じる「タクシー新法」の実現③非正規雇用の縮小と組織拡大・強化  などを柱とする10年度運動方針を決めた。

 待鳥康博書記長は運動方針提案で、「特措法は供給過剰地域を限定し、3年後にはその指定を見直す対症療法。特措法が効いているうちに20~30年先につながるハイタクの健全な姿をもたらすような法改正をしなければならない」と指摘、強制減車や同一地域同一運賃を実現する道路運送法の抜本改正が必要だとした。

 2日目に来賓あいさつした社民党の福島みずほ党首(党ハイヤー・タクシー対策特別委員長)は「特措法施行から1年がたってきちっと検証をし、(今後)何を勝ち取っていくのか、国会の中でやっていきたい」と決意表明。成立を目指す「交通基本法」の中でも「地域の交通をどう応援していくのかという視点からハイヤー・タクシーの問題も大きく取り上げていく」とした。

非正規職員の処遇改善をめざす

非正規職員の処遇改善をめざす■自治労が院内集会 自治労は10月25日、参院議員会館で「自治体臨時・非常勤等職員の均等待遇と雇用安定を求める院内集会」を開き、全国から約100人が参加。社民党から福島みずほ党首と吉田忠智参院議員が出席した。

 

 

納得できる和解へ国への働きかけを

■B型肝炎で党に要請 国による集団予防接種をめぐるB型肝炎訴訟の全国原告団・弁護団の代表者が10月28日、参院議員会館で社民党の福島党首、阿部知子政審会長らと面談。原告が納得できる内容での今年中の和解合意締結へ向け、国への働きかけを要請した。

 全国原告団の谷口三枝子代表は「国からは謝罪も反省もなく、聞かれたのは私たちの賠償に増税しなければならないという言葉。(こうした言動で)私たちは二重にも三重にも苦しめられている」と訴えた。

(社会新報11月3日号より)

PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[11/25 小一]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
常任幹事 コウタロウ
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

忍者アド

忍者アド

Copyright ©  -- 社民党長崎総支部 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]